logo

はじめに

ラフダイヤモンドには、非常に美しいものがあります。ダイヤモンドは地中奥深い約150kmの高温・高圧のもとで結晶し、火山活動で偶然に地表に押し上げられたもので、その形や容貌には二つとして同じものはありません。

ダイヤモンドは類い稀な硬さゆえ、神秘的な力を持っていると古くから考えられていました。ヨーロッパで研磨が始まった14世紀末以降も、人々はダイヤモンドを研磨するとその力が失われると信じて、正八面体の原石をそのままリングにセットして身に着けていました。

現在では、採掘されるダイヤモンドの殆どはすぐに研磨され、また工業用に使われます。しかし、研磨によって美しい形や魅力的な肌合いを失うのは惜しまれます。

今また、ダイヤモンドを研磨せずに、ジュエリーに仕立てて楽しむことが注目されています。このサイトで、ラフダイヤモンドの大自然の魅力をお楽しみいただければ幸いです。

news

2017.6.1

ラフダイヤモンドジュエリーコンテスト2017 一次審査結果発表 (SUWAサイト)

2017.5.11

IJK2017出展のご案内